Hikone Castle
彦根城天守閣




滋賀県彦根市、彦根城天秤櫓で開催中の「国宝・彦根城築城400年記念祭」において彦根城開国記念館での展示用にレゴジャパンの工房で組んだものです。

西洋テイストの城はたくさん作ったんですが、和城は今回初めて作りました。和城はとにかく屋根が複雑ですので、各層の屋根構築と各ディテールに苦労しました。




大きさは、石垣のすぐ上の1層部で93×61ポッチ。石垣部分はさらに4ポッチ分広くなってます。高さは85cmほど。ただ見た目の大きさより、内部補強をしっかり組んだため想像以上に「重たい」作品になってしまいました。

運搬用に石垣部分、1層〜3層の4階層に分割できるように組んでいます。というかこれだけ高いと分割しないと組めませんね。最初に3層から始めて2→1→石垣と組んでいきました。
ただ、この城は1層&2層の屋根が上の階層に干渉しているのでそれをまず外してから、各階層を分解するという構造にしました。




展示会場だとこちらが裏面になるのかな?北東面です。
石垣に設置されている部分が昔の天守閣入り口です。実物は写真中央の真っ白な部分に付櫓(天守閣に続く通路)が伸びていて、ここから城内に入るんですね。

彦根城は1層の下見板(黒い窓)の数と位置が各面、微妙に違います。さらに、この1層は北西面が若干長いんです。シルエットでいうと4面完全な左右対称ではないんですね。見た目には解らないと思いますが、ちゃんと2ポッチ分長くなってます。





最後に石垣部を組んだのですが、この部分は1層に干渉する所が無いので助かりました。
石垣部分は黒プレートの斜めの壁を作り、アングラブリックを横にはさんだ石パーツを取り付けています。実は石垣のタイルのディテールはアングラブリックのポッチを隠すためでもあるんです。

石パーツを大量に作ることより、コーナーをしっかり斜めに見せるのに苦労しました。

比較的小さめの彦根城だからこの石垣構築が似合うんでしょうね。姫路城とか松本城の大型城だとちょいと難しいかもしれませんね。


次へ